プラズマクリーナーの導入を検討しよう

有機汚染物と反応する特性を生かしたプラズマクリーナーで洗浄をする必要がある場合、いろいろな特徴を持っている装置が各メーカーより製造販売されているから、作業に適した性能を持つものを選ぶことで効率化が進みコストダウンに繋がります。

有機物と合わせて薄い油膜や酸化被膜にフラックスなどの除去もできるから、導入台数が少なくてもある程度の効率化が期待可能です。半導体ウエハ工程から組み立てにいたるまで、優れたプラズマクリーナーを導入しておくと洗浄に違いができるだけでなくこれまでと違った高品質の実現が可能です。前工程を繰り返してから検査組み立てに移行していたところは、大きな違いを実感できるでしょう。次工程で各種接合性や密着性が改善される点も、品質の違いに繋がります。プラズマクリーナーを導入するとき、オプションの有無を確認しましょう。

オプションを利用するとよりよい洗浄に繋がりますが、別途準備が必要なものが出てきて設備を整える必要性が出てくる場合があります。放電用ガスをオプションで選択するとか、ローダーとかアンローダーのオプション付きにした場合、設置寸法や質量が僅かに異なってくる場合があるでしょう。場合によっては広めに設置場所を確保したり、床の強度を高めたりする必要性が出てくる可能性があります。導入に際して購入とリースどちらにメリットが有るかを検討し、長期的に使用する場合に損しない方法を選択することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *