分子レベルで綺麗にするプラズマクリーナー

プラズマクリーナーはプラズマの力を利用したクリーナーのことです。

プラズマイオンを試料に照射することによって、資料の汚れの原因である炭化水素重合物を除去することが出来ます。低真空状態で、二つの電極に電圧をかけることによって、残留気体をプラズマ状態にすることが出来ます。プラズマクリーナーの中では、原子と分子が激しくぶつかっている状態となりますので、イオンやラジカルになった状態でエネルギーが最も高くなっている状態です。そのため、プラズマクリーナーの中では他の分子との反応性が非常に高くなっていますので、汚れを効率的に落とすことが出来ます。

プラズマクリーナーの効果的なクリーニングは金属やプラスチック表面上の有機汚染汚れを落とすことです。プラスチック表面を適度に嵐、表面積を確保することが出来ますので、表面粗面化したいときに勝つようされるとよいでしょう。また表面活性化することによって、接着性が高まりますのでプラズマクリーナーで洗浄した後に、接着剤やプライマーを利用するとさらに接着性を高めることが出来ます。プラズマの原理は様々な家電製品にも応用されています。家庭用の掃除機にもプラズマを搭載されたものがありますので、じゅうたんや、ふとんの中に生息するダニを吸い取り、繊維の汚れを綺麗にするタイプのものがあります。空気清浄機では、空気中の汚れをプラズマの力で綺麗にすることが可能ですので、プラズマの力を取り入れた家電製品を利用されるとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *