大気圧で使えるプラズマ装置

空気などの気体も目に見えませんが、いろいろな原子が存在しています。その原子に高いエネルギーを与えると周りを回っている電子が活発になり、原子の周りにいることを維持できません。結果として、飛び出してしまって周辺にある原子にも影響を与え続けることになります。このような状態をプラズマと言います。

プラズマ装置は、コントロールされた状態でプラズマを発生させて、クリーニングなどに利用することが可能です。大気圧で使用するプラズマ装置には、熱によって金属の溶断をする熱プラズマと化学反応を利用する低温プラズマがあります。特に低温プラズマは表面処理のために対象物の表面の汚れを除去し、コーティングなどをしやすい上智にすることができます。ドライな環境で汚れを取り除くことができるので、効率を落とさずに次の工程に進むことが可能です。

表面の洗浄ではアルコールなどを利用することも可能ですが、洗浄後に残留物がある恐れがあり、次の工程の前に乾燥や新たな処理を必要とします。それでは時間が無駄になることや費用がかかることで効率が悪くなります。プラズマ装置を使うことで、そのような問題を解決することが可能です。大気圧であれば真空にする装置が必要ないため、設備も少なくてすみます。

薬剤も不要で、直接触れてエネルギーをかけることもないので、対象となる物体の材質も選びません。いろいろな素材の表面を変形や傷つけることなくきれいにすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *