プラズマ装置は生み出す効果とは

今では多くの方が日々、除菌・殺菌に勤しまれていることでしょう。今までの世界でこれほど、全人類が徹底した衛生行動をとったことはありません。すべては2020年2月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの地球規模の蔓延が起因となっています。特に日本では4月から5月にかけて、緊急事態宣言がなされました。

この期間は消毒薬すらも手に入らない状況となり、政府では安定した除菌行動をとれるプラズマ装置の開発販売を、各メーカーに依頼する事態となったほどです。プラズマ装置は以前から販売されており、おもに医療機関が使用をしていました。一種の空気清浄機であり、陽電子を空気中に放出することでウイルスを結びついて殺菌できます。ウイルスはプラス電荷を受けると細胞が消滅するので、コロナウイルスも例外ではないというわけです。

もともとは業務用の機器ですが、今では一般家庭向けのコンパクトなプラズマ装置がたくさん販売されています。プラズマ装置を使用することで生まれる効果としては、殺菌だけでなく除菌をおこなうことも可能です。例えば、プラズマ装置を置いている室内で洗濯物を乾かせば、衣類等にも陽電子が付着をします。これで表面全体にバリアを持つこととなり、ウイルスが付着しないというわけです。

政府では低所得者世帯に向けて、装置を新たに購入する場合は一定金額の補助金を支給されています。どのご家庭でも導入して、ウイルス感染の予防に努められることでしょう。プラズマ装置のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *