プラズマ洗浄装置のメリットとは

一般的に何かの物体に付着した汚れや不純物を取り除く目的で、洗浄が行われます。除去したい不純物が水溶性で水に溶けやすい性質のものであれば、簡単に水洗いができるでしょう。これに対して疎水性の油脂などを除去したい場合は、水だけで洗浄することができません。界面活性剤(洗剤)を使用して汚れの成分を水に溶かすことで、対象物の表面から除去する必要があります。

一般的に洗剤を使用して洗浄をする場合には、最後に界面活性剤を完全に除去しなければなりません。ただし洗剤の成分を完全に除去することは難しく、どんなに丁寧にゆすいだとしても僅かな量の界面活性剤の分子が表面に付着してしまいます。プラズマ洗浄装置を使用すれば、疎水性の不純物を除去する場合も界面活性剤を使用する必要がないというメリットがあります。高エネルギーにより汚れや溶媒の分子が励起されることでプラズマ状態になって電離を起こすことで、疎水性の物質でも一時的に親水性に変化して水に溶けるからです。

プラズマ洗浄装置を使用すれば油脂やパラフィンなどの疎水性の不純物でも一時的に親水性に変化させることで洗剤が不要で、精密機器の洗浄が可能になります。プラズマ洗浄装置を使用すれば環境に有害な界面活性剤を使用する必要がないため、廃液処理のコストを削減することができるというメリットもあります。有害な洗剤を排出しないので環境負荷が軽く、自然にやさしい洗浄方法といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *