プラズマ装置で表面処理向上

プラズマ装置は、名前の通りプラズマを発生させることができる装置です。気体中で強い電圧をかけると発生して、周辺の有機物に対して影響を与えます。自然界では稲妻やオーロラと言った現象で見ることができるのと、身近なところでは蛍光灯も同じ現象を利用したものです。エネルギー順位が高く、周りの分子から電子を奪うことで分解することができます。

これによって表面に付着している汚れや薬品などの有機物を取り除く、クリーニングに利用することが可能です。プラズマ装置はドライな環境で利用できるので、クリーニング後も後処理が必要ありません。そのまま次の工程に引き継ぐことができます。これは効率化が重要な製造工程では大きなメリットとなります。

それに加えてクリーニング率が100%と高い品質の仕上がりが期待できます。表面処理は清潔度が高ければ高いほど、高精度の仕上がりになるので、不良を減らすためには、有効な装置と言えます。プラズマ装置を使うもう一つのメリットは、素材の表面の密着度の改善です。油膜などの有機物をとるだけでも、改善されていますが、プラズマによって作用することで表面にある電子も分解することができるため、結合しやすい状態に変化させることが可能です。

コーティングや塗装をした時にそれらの素材との結合が強くなるので、耐久性が高くなります。プラズマ装置は、これらの両方から高品質の製品につながる状態を作り出すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *