ガラスの表面にはプラズマ洗浄装置が有効

ガラスは透光体で、レンズなどに使われます。そのまま使うと反射が強く、映像などに影響があるので、反射を防止するためのコーティングを施すことがあります。コーティングは均一でなければ収差が発生して、映像の品質を低下させてしまいます。そうしないためには、表面のきれいさがとても重要です。

ガラス表面についている汚れを除去するために、水を使うと水垢などの残留物があります。残ってしまった場合、コーティングにそれが影響し、品質不良を起こします。できるだきれいにして、残留物を排除しなければいけません。それができるのがプラズマ洗浄装置です。

プラズマ洗浄装置はプラズマを発生させることで、ガラス表面についている汚れを除去します。プラズマは汚れ時地影響しますが、母材には影響しないのでガラスの表面が荒れることがありません。残留物もないのでそのままコーティング処理に移ることができます。新たな汚れがつかないことと無駄な処理を追加で行わなくて良いと言うメリットがあります。

プラズマ洗浄装置の洗浄率は100%と言われていて、高い清潔度を得ることができます。レンズなどの透光体の汚れは、品質に大きく影響するため、きれいであることが重要です。コーティングする時は特に注意が必要で、高い清潔度を求められます。その要件を満たして実現できる方法が、プラズマ作用による洗浄です。

洗浄する対象物が小さくて薄いガラスでも問題なく利用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *