プラズマ洗浄装置の仕組み

プラズマ洗浄装置とは、物体に付着しているマイナス特性である電子を除去することで洗浄を可能とする装置のことをさします。プラズマ洗浄装置の使用目的は、主にアルミニウムに含まれた余分なゴミや電子基板などに付着しているゴミを取り除くために使用します。この時不純物にはマイナス特性である電子があり、この電子がアルミニウムの主成分と引っ付いているが故、電子を取り除く必要があるのです。基板の場合も同様に、マイナスとなる電子に付着する不純物を除去することで問題を解決します。

では、電子を取り除くと何が起きるかですが、不純物につく電子を除去した場合、不純物はアルミに引っ付くことが出来なくなり洗浄されるというのがプラズマ洗浄装置の仕組みになります。また、基板も同様に洗浄されることで不純物除去します。なお、プラズマ洗浄装置は物体の表面のみをクリーニングすることが出来る装置になります。その為複雑に絡み合う不純物を取り除くことや物体の内部にまで入り込んだ不純物を除去する場合、かなり強力なプラズマを必要とします。

この装置はあくまで洗浄処理を必要とする物体の表面のゴミを除去するために使用します。例えば基板などは、プリント基板内にゴミがあると正常な回路に電流が流れなくなり問題となります。こうした場合、プリント基板に対応している基板を損傷させない程度のプラズマ洗浄装置を使用して基板の表面を洗浄することでゴミを除去するのです。このように、プラズマを使用して洗浄をすることで目には見えない微細な不純物を除去することがこの装置の主な役割になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *