プラズマ洗浄装置を使うような場面は

プラズマ洗浄装置はプラズマを用いて洗浄作業を行うというものですが、一般的な洗浄とは異なってプラズマという特殊な環境下に置くことで様々な効果を得ることができるのが特徴です。そもそもプラズマ洗浄装置で用いられるプラズマは気体を構成する分子が内部のエネルギーによって電離や解離、励起といった高いエネルギー状態になった群のことを指します。一般的には特殊な発光現象がプラズマが原因で起こるというのがイメージとしてありますが、このプラズマを対象物にあてることで、その表面が様々に変化するもので、これにより洗浄を行うことができるものです。プラズマ洗浄ではその元素の種類によって表面にえられる効果が変わってくることがわかっており、プラズマ洗浄装置では用途に応じてそれら幻想を交えて照射を行います。

例えば酸素によるプラズマであれば物質の表面に親水性を向上させる効果があり、また有機物と化学反応をすることによって対象物の表面から剥離させることが可能です。他には水素を使った場合には錆を落とすことができますし、フッ素を使った場合にも表面をフッ素コート化することはできるので撥水作用を対象物の表面に与えることができます。プラズマ洗浄装置で問題となるのはそのプラズマを発生させる環境を作り出すということで、真空状態にすることによりプラズマを発生させる真空マイクロ波プラズマが使われますが、真空状態にしない大気圧プラズマと呼ばれる方法もあり、それぞれの用途に応じて導入が進んでいるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *