プラズマクリーナーを利用したオイルミスト除去

プラズマクリーナーはマイナス電子による静電気の発生の仕組みを利用し、空気中の浮遊物を吸着させる仕組みとなっています。そのためこれまでの空気清浄方法では除去することができなかった細かな粒子を除去することができるのがポイントです。その中でも、特にオイルミストと呼ばれる油の粉塵に高い効果を発揮すると考えられています。オイルミストは工場内で発生するものですが、もともとは工作機械などで発生する油が微粒子化し霧状になって空気中を漂いものです。

これは非常に粘り気の強い性質を持っており、また様々な不純物を含有していることも多いため、人が吸い込むと肺の内部などに付着し様々な健康被害をもたらしてしまうことになります。最近ではこれを発生させないような様々な仕組みを持った工作機械も生まれていますが、新たな機械を導入する経済的な余裕がない町工場なども多いため、オイルミストの問題は非常に深刻なものとなっています。しかしオイルミストはその粒子が非常に細かい上、比較的比重が重いと言うこともありこれまでの空気清浄機では除去することが難しいものとなっていました。そこでこれらを除去するために注目されているのがプラズマクリーナーです。

プラズマクリーナーは一般的な空気清浄機のように風の流れで様々な空気中の汚れを除去するのではなく、静電気により積極的に汚れを付着させて取り去る方式となっていることから、様々な有害物質を集めることができる効果があります。最近なども吸着することができるとも言われることが多く、そのためオイルミストの除去にも高い効果を発揮すると考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *