汚れに直接反応するプラズマクリーナー

洗浄する時には液体で汚れなどを洗い流すのが一般的ですが、対象物によってはそれができないものもあります。

また液体を使うことでその残留物が性能や品質に影響を及ぼす恐れもあります。特に電子基板など微細な塵でも影響を受ける物の加工の時には、細心の注意が必要です。エアブラスターなどで吹き飛ばすこともできますが、それでも完全性にかけるところがあります。プラズマクリーナーを使えば、電子基板には何も残さず、塵だけを除去することができます。

電子基板は完成後に表面をコートして、耐久性を高めることが重要です。コートする時には汚れや塵が付着していると不良の原因につながります。そのためできる限りきれいな状態にしなければいけませんが、洗い流すようなことができません。空気を強く吹きかけることで塵を飛ばす方法もあります。それでは完全ではないことや、新たな塵をつけてしまう恐れがあること、強すぎる風圧で壊してしまうことなどが考えられます。

プラズマクリーナーなら汚れに直接影響するので、このようなことが起きません。プラズマクリーナーは庫内に入れて反応するガスを充満させて高周波によってプラズマを印加させます。発生したプラズマは基板上にある塵に反応して除去します。その部分だけに影響するので、付着していた元の部分には変化はありません。後で乾燥させるような時間も必要ないので、トータルの作業時間も短くて済みます。最も大きなメリットは、不良が出にくく、品質を保つことができるでんです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *