ドライ洗浄ならプラズマ洗浄装置

表面の洗浄方法には液体を使うものや風圧によるもの、直接拭き取るものなどがあります。

どれを選ぶかは洗浄したい対象物によって変わってきます。特に濡れることができないものには液体を使うことはできません。液体のデメリットは液体に弱い材料に使えないことと水垢が残る恐れがあることです。風圧では残留があったり、圧力で対象物を破損することがある点です。拭き取ることは完全に除去できない恐れがあることや拭き取ることで傷つけたり破損する恐れがあるため適用が難しい状況です。プラズマ洗浄装置を使えば、それらのデメリットを克服できます。

プラズマとは原子レベルで起きている現象でイオン分子と電子が分かれている状態を言います。この状態になると油脂類に対して化学的な反応を起こして分解し、物理的に除去できます。全ての物質に影響するわけではなく、選択的に働きかけるので部材への影響も少なくて済みます。プラズマ洗浄装置はプラズマを発生させるために庫内を反応ガスで充填する必要があります。そのご高周波を発生させて印加し、プラズマを発生させます。

他の洗浄機と異なり、除去した汚れを取り除くためのフィルターなどはありません。だからメンテナンスの頻度が少なくて済むのもメリットと言えます。プラズマ洗浄装置を使うと、汚れ自体が取れるので、表面の清潔度はかなり高くなります。液体では汚れを希釈しているだけの場合もあります。風圧では新たな汚れを吸着することもありあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *