Skip to content

ポイントカードアプリのメリット

紙などのアナログ型のポイントカードとポイントカードアプリの違いはまずポイントカードの有無が挙げられます。

これは店側としてアプリ化(電子化)した方がコスト削減が出来ることと、顧客側が持ち歩きが不要となっており持ってくるのを忘れたり紛失や再発行や財布にかさばらないと言ったメリットがあります。

紙の場合作る際に名前の記入をお願いしたり、会員登録用紙に住所などの記入と言った手間がかかりますがアプリであれば書く必要はなくインストールして登録する形になるためお手軽になります。取り扱いの店によってはアプリ化することで、購入データーが記録されるため過去購入商品のサイズなどを調べることができたり、レシートや保証書をなくしても保証サービスが受けられると言ったケースもあります。

また利用金額や保有点数や来店回数などが把握できるので、購入履歴やに応じたニュース配信(PUSH通知)ができ、常連客には一般にはお知らせしない特別なお知らせを出し、その一方で利用が浅い顧客には割引やセールのご案内を出しクーポンを発行すると言ったアプローチで販売促進を図ることができます。

他にも雨などの天候によってサービスクーポンを送付したり、ポイント2倍キャンペーンを展開すると言ったチラシ以上の宣伝もできます。

またEC機能の連携によりネットショップと店舗の共通ポイントとして貯めると言ったことも可能な場合もあり、オンラインとオフラインでショッピングができると言ったケースもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *